ブログとホームページの違いや、なぜこれ程ブログが検索エンジンに強いのかこのページで少し解説いたします。

ブログ型ホームページの作り方

検索結果に表示されるホームページの一覧にブログがたくさん含まれるのをご存知でしょうか?

実は、ブログによるホームページは日々増加しています。

ブログとホームページの違いや、なぜこれ程ブログが検索エンジンに強いのかこのページで少し解説いたします。

ブログ=Web+Log

本来個人の日記をネットに公開するという発想が起源のブログ、当初はサーバーサイドのコンテンツ作成ツールでしたが、同じ用にサーバーサイドの登録をネット配信できる、SNSの普及でWeb2.0の代表選手のように一気に拡大しました。

ココログ(Nifty)・gooブログ(NTT)・So-net blog(So-net)や、最近ではYahooやGoogleもサービスを提供するほど、ブログを活用したいユーザーは増えています。

ブログには、すぐれた機能が満載されているので、記事を投稿するとRSSやPingなどの通知機能で検索エンジンとの親和性も高く、検索結果の上位表示がされやすい構造を持っています。

それは、裏を返すと一般企業のホームページなど非ブログ型ホームページは通知機能を持たず、適正な文法も持たないコンテンツが多く、どうしても検索対象になりづらい傾向があり、企業ホームページにとって大いなる脅威に成長しています。

企業ホームページに日記機能追加したビジネスブログ

そこで登場したのが、企業サイトにブログ機能を追加する企業ブログとかビジネスブログと呼ばれるホームページです。

社長ブログとか、事業部のブログなどを持たせることで、通知機能の活用で対策措置をしたものです。

これは、いわゆるブログが日付優先で時間とともに古い記事がアーカイブをたどらなければ見れないところに、問題があるため、サイト全体をブログで生成せず、従来トピックスとして使ってきたものを、ブログに置き換えたものです。

しかし、これではメインページに効果を出しづらく、真のブログの価値を発揮できません。

ビジネスブログの進化系ブログ型ホームページ

よく似た言葉ばかりで、整理がつきづらくなりますが、今までのすべての問題を解決する方法として、生成後は企業ホームページで、実態はブログによる記事投稿で、サイトを更新可能にするホームページ作成手法です。

リアルゲットもやはりこのような手法を採用し、MovableTypeを基盤ソフトに用い、ブログとはまったく異なるテンプレートで、企業ホームページを公開できる、すべての環境を提供するサービスです。

カテゴリや記事の並び替えを日付ではなく、文字コードに置き換えることで前ページスタティックなサイト構成を可能にしています。

商品やサービスもどんどん追加することが可能ですし、企業として専門情報を数多く配信できる構造を持ちます。最新のMovableTypeでは、記事投稿画面で画像の投稿や、画像自体のリサイズも可能になり、デジカメ等の写真データや、オフィスツールで作成したイラストや解説画像も簡単に公開できる様になりました。

このように、MovableTypeを活用することで、エンドユーザーは、メールやワープロ感覚で、簡単にホームページコンテンツ作成が可能な環境を、コストをかけず開始することができ、全社的な企業ホームページの構築を可能にし、多くのお客様に更なる信頼や満足をご提供できるホームページが公開可能になります。

  • ブログ型ホームページの作り方をはてなブックマークに追加
  • ブログ型ホームページの作り方をdel.icio.usに追加
  • ブログ型ホームページの作り方をlivedoorクリップに追加
  • 04)ブログ型ホームページの作り方をニフティクリップに追加
  • ブログ型ホームページの作り方をYahoo!ブックマークに追加